Chicago Navi Forum Index Chicago Navi
シカゴを楽しむウェブサイトです!
 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

ジェイソン・シェフのニュー・アルバム『HERE I AM』、2019年11月8日発売

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    Chicago Navi Forum Index -> ジェイソン・シェフのソロ関連情報
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2407

記事日時: Sun Oct 20, 2019 7:39 am    記事の件名: ジェイソン・シェフのニュー・アルバム『HERE I AM』、2019年11月8日発売 引用付きで返信

海外の情報です。

元シカゴのジェイソン・シェフのニューアルバム『HERE I AM』が、2019年11月8日に発売されることが判明しました。

トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Sun Oct 20, 2019 11:53 pm    記事の件名: 遂にですね。 引用付きで返信

本当にこれぞ、待望の新譜ですね。かれこれ9年くらいでしょうか、ソロアルバム制作に入ってから。

リリースまで3週間切ってるので、今月中には発売方法やその他詳細も明らかになると思っています。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
Mongonucleosis



登録日: 2016.11.17
記事: 72

記事日時: Wed Oct 30, 2019 6:35 am    記事の件名: Re: 遂にですね。 引用付きで返信

inmyhead wrote:
本当にこれぞ、待望の新譜ですね。かれこれ9年くらいでしょうか、ソロアルバム制作に入ってから。

リリースまで3週間切ってるので、今月中には発売方法やその他詳細も明らかになると思っています。


USA amazonで発売の告知が始ました。
メジャーな販路での発売ですね Very Happy
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Wed Oct 30, 2019 2:31 pm    記事の件名: サイン入りCDも発売へ 引用付きで返信

https://jasonscheff.kartra.com/page/hiasigned
にて本日よりサイン入りCDの予約受付始まりました。
1枚の場合⇒25ドル+10ドル(日本への送料)=35ドルのようです。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Wed Oct 30, 2019 2:34 pm    記事の件名: 国内での取り扱い 引用付きで返信

日本国内では(通常盤)

HMV
https://www.hmv.co.jp/artist_Jason-Scheff_000000000102075/item_Here-I-Am_10356057

AMAZON
https://www.amazon.co.jp/dp/B07Z75ZYKL/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_7vMUDbJQ7NFAY


最終編集者 inmyhead [ Thu Oct 31, 2019 1:44 pm ], 編集回数 1 回
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Thu Oct 31, 2019 1:01 am    記事の件名: サイン付CDの送料が変更されてます。 引用付きで返信

夕方に見たときは10ドルでしたが、先ほどみたら倍の20ドルになっていました。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Thu Oct 31, 2019 6:24 pm    記事の件名: 収録曲について 引用付きで返信

1. Will You Still Love Me
2. Here I Am
3. Look Away
4. Wonderful Day
5. If You Only Knew
6. Feelin' Stronger Everyday
7. What Kind of Man Would I Be?
8. Never Even Had the Chance
9. Hard to Say I'm Sorry
10. Away

Jasonのオフィシャル発言ははいですが、国内外の各サイトともに上記の記載されています。

半数の5曲がシカゴのカバーとは、意外です。
2曲目に記載のHere I Am は 2013年にJason自作のCDシングルが米国で出てました。(今回は別バージョン?)
私はYoutubeで2015年に公開された Live To Cry Another Day や 
2017年に公開された The Memory Survive の完成形が収録されると予想していました。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
A



登録日: 2008.02.09
記事: 328

記事日時: Thu Oct 31, 2019 10:57 pm    記事の件名: 引用付きで返信

私を含めてファンしては20年以来のジェイソンのソロアルバム発売です。

収録曲を含め皆様、いろいろあるのは判ります。

でもシカゴから独立したジェイソンの音源を皆さん楽しみましょう!
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Thu Oct 31, 2019 11:33 pm    記事の件名: どんなアレンジがなされるか! 引用付きで返信

Aさん、もちろん、楽しみです。何せ22年振りのソロアルバムですからね。
シカゴの名曲がどんなアレンジで披露されるのか興味あります。
Look Awayを歌うJason、とても興味深いです。おそらく、もと同僚のあの人が参加してるのでは?と妄想しております。Will you still Love me?でも共演では?

手元にCDが届き、CDトレーにのせ音を聴き、ブックレットを見る時が待ち遠しいです。そして、Jasonが近い将来に日本へライブで戻ってくる日を待ちたいと思います。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Wed Nov 06, 2019 2:34 pm    記事の件名: 参加ミュージシャンについて 引用付きで返信

Jasonが以下のミュージシャンの参加を明らかにしました。

Special guests :

Alex Lifeson of Rush - Acoustic Guitar

Robbie Krieger of The Doors - Slide Guitar

Tommy Thayer of Kiss - Electric Guitars

Pino Palladino - Bass on 2 tracks

Jay DeMarcus of Rascal Flatts - Producer, keyboards, guitars, bass, programming, vocals

Bill Champlin - Lead and background vocals
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Fri Nov 08, 2019 7:07 am    記事の件名: ストリーミングで聴きました! 引用付きで返信

日が変わって8日になったので、Spotify をチェックしたら、ありました。
https://open.spotify.com/album/6vVoi37EBKc7ipCYLMZSH0

1回聴いて感じたのは、とても「優しい」アルバムで、
シカゴへの感謝や愛情に溢れる作品でした。
CDが手元に届くのが待ち遠しいです。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Sat Nov 09, 2019 12:40 am    記事の件名: 今回の収録曲について 引用付きで返信

以下の10曲の内
5曲がChicagoのカバーで
残り5曲の新曲(*)にもJasonはソングライターとしてクレジットされてないのは驚きです。

1. Will You Still Love Me? (David Foster, Richard Baskin & Tom Keane)
2. Here I Am (Brett James, Leona Lewis & Walter Afanasieff) *
3. Look Away (Diane Warren)
4. Wonderful Day (busbee, Darrel Brown & Gregory Becker) *
5. If You Only Knew (busbee & Jimmy Yeary) *
6. Feelin' Stronger Everyday (Peter Cetera & James Pankow)
7. What Kind of Man Would I Be? (Jason Scheff, Chas Sandford & Bobby Caldwell)
8. Never Even Had the Chance (Brad Crisler & Clay Cumbie) *
9. Hard to Say I'm Sorry (Peter Cetera & David Foster)
10. Away (busbee, Gregory Becker & Whitney Duncan) *
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
inmyhead



登録日: 2008.02.10
記事: 480
所在地: 大阪府

記事日時: Sun Nov 17, 2019 1:41 pm    記事の件名: 曲別の参加ミュージシャンについて 引用付きで返信

本日手元に届いたCDよると、
以下のようになっています。

Produced and Arranged by Jay DeMarcus
Recorded by Sean Neff, Derek Bason at The GRIP Studio, Nashville, TN
Assisted by Nick Lane and Chris Smalls
Mastered by Adam Ayan at Gateway Mastering, Portland, ME

Musicians :
* Jason Scheff (Lead & Background Vocals on all, Bass on #1, 2, 5, 9)
* Jay DeMarcus (Keyboards on #1, 3, 6, 7, 9, Synth Bass on #3, 7, 8, Guitar on #2, 3, 6, 7, 9, Programming on #1, 3, 6, 7, Vocals on #1, 2, Background Vocals on #3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, Wurlitzer Electric Piano on #5)
* Bill Champlin (Vocals on #1, 3, Background Vocals on #6, 7, 8 )
* Robby Krueger (Slide Guitar on #4)
* Tommy Thayer (Guitars on #7, 9)
* Thomas Yankton (Guitars on #1, Background Vocals on #1)
* J. T. Corenflos (Guitars on #2, 5,8 )
* Adam Schoenfeld (Guitars on #2, 5, 8 )
* Alex Lifeson (Acoustic Guitars on #2)
* Tom Bukovac (Guitars on #4, 10)
* Charles Worsham (Guitars on #4, 10)
* Charles Judge (Keyboards on #2, 4, 5, 8, 10)
* Pino Palladino (Bass on #4, 10)
* Dorian Crozier (Drums on #1, 4, Percussion on #1)
* Shannon Forrest (Drums on #2, 5, 8 )
* Jim Reilly (Drums on #3, 6, 7, 9)
* Luis Conte (Percussion on #10)
* David Huff (Percussion Programming on #10)
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
A



登録日: 2008.02.09
記事: 328

記事日時: Sun Nov 24, 2019 10:44 am    記事の件名: 引用付きで返信

先週ようやく手に入れスマートフォンで外出時の現在の定番になって
います。

シカゴ時代の楽曲が5曲含まれている情報を聞いた時は??でしたが
大変バランスよくまとめられており、思った以上な仕上がりですね。

ソロ1作目同様ミドル・スローテンポの曲が多いのはジェイソンの
曲作りへの考え方なのでしょう!

このアルバム以降も様々な企画が進行中とのことですので今後の
活動も楽しみです。今はこのアルムバを存分に楽しみます。

出来れば国内盤がボートラ付で発売されればと期待していますが。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    Chicago Navi Forum Index -> ジェイソン・シェフのソロ関連情報 All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2002 phpBB Group
subGreen style by ktauber