Chicago Navi Forum Index Chicago Navi
シカゴを楽しむウェブサイトです!
 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

『CHICAGO XXXII : STONE OF SISYPHUS』、発売情報
ページ移動 1, 2, 3, 4  次へ
 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    Chicago Navi Forum Index -> 『CHICAGO XXXII : STONE OF SISYPHUS』情報
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Fri May 02, 2008 9:02 am    記事の件名: 『CHICAGO XXXII : STONE OF SISYPHUS』、発売情報 引用付きで返信

あらゆる情報が錯綜する中、現在もなお情報を精査しているところですが、一応、今までに判明していることをまとめておきます。



まず、ライノが、シカゴのオフィシャル・ファンクラブに対して提供した情報に基づいて記載致します。

『CHICAGO XXXII : STONE OF SISYPHUS』(米国盤) 6月17日発売予定
※誤記の可能性もありますが、ライノの情報では、一応“XXXII”、すなわち、“32”と表記されているのです・・・

01 STONE OF SISYPHUS
02 BIGGER THAN ELVIS
03 ALL THE YEARS
04 MAH-JONG
05 SLEEPING IN THE MIDDLE OF THE BED
06 LET'S TAKE A LIFETIME
07 THE PULL
08 HERE WITH ME (A CANDLE FOR THE DARK)
09 PLAID
10 CRY FOR THE LOST
11 THE SHOW MUST GO ON
12 LOVE IS FOREVER (Demo)
13 MAH-JONG (Demo)
14 LET'S TAKE A LIFETIME (Demo)
15 STONE OF SISYPHUS (No Rhythm Loop)

※"MAH-JONG"も、"SLEEPING IN THE MIDDLE OF THE BED"も、従来と微妙に表記が異なっています。


次に、日本国内の販売サイトの情報に基づいて記載致します。

『シカゴ22 ストーン・オブ・シシファス』(日本盤) 7月23日発売予定
※上記米国盤の動向次第では、『32』と改められる可能性もあります

01 ストーン・オブ・シシファス
02 ビガー・ザン・エルヴィス
03 オール・ザ・イヤーズ
04 マージャン
05 スリーピング・イン・ザ・ミドル・オブ・ザ・ベッド
06 レッツ・テイク・ア・ライフタイム
07 ザ・プル
08 ヒア・ウィズ・ミー
09 プラッド
10 クライ・フォー・ザ・ロスト
11 ザ・ショー・マスト・ゴー・オン
12 ラヴ・イズ・フォーエバー(デモ)
13 マージャン(デモ)
14 レッツ・テイク・ア・ライフタイム(デモ)
15 ストーン・オブ・シシファス(リズムレス・ヴァージョン[仮])


上記のとおり、現段階での情報では、"GET ON THIS"が含まれていません。

以降の変更情報等にご留意ください。

(従来の発売情報等はこちら
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Fri May 02, 2008 7:16 pm    記事の件名: 引用付きで返信

タワーレコードさん
HMVさん
cdjournalさん
に続いて、
amazonさんにも
情報がアップされました。

その他、cdjournalさんには、追加記事が掲載されています。ここでは、アメリカ国内のリリースは、「6月24日」とアナウンスされていますね。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
admin
管理人


登録日: 2007.06.01
記事: 53

記事日時: Sat May 03, 2008 7:30 am    記事の件名: 引用付きで返信

シカゴのオフィシャルmyspaceでも、このアルバムのリリース情報が発表されました。 Surprised



基本的には、上記オフィシャル・ファンクラブの情報と同一です。というより、これがライノによる正式発表です。

やはり、アメリカでは「6月17日」の発売を予定しているようです。

しかも、『XXXII』と表記されています。誤記でない限り、『32』という扱いとなるものと思われます。 Shocked

以前の『22』から『32』に変更された理由はよく分かりません。あくまでも私見ですが、『22』とすると、『NIGHT & DAY』以下の関係がややこしくなるからではないでしょうか? Rolling Eyes


なお、上記情報のうち、「CHICAGO PUSHES SISYPHUS OVER THE TOP」という表現は、とてもセンスのあるタイトルですね。 Smile


----------------------------------------
ところで、前々から、このオフィシャルmyspaceで『STONE OF SISYPHUS』の試聴を予定している、とのアナウンスがされていました。以降は、お気に入りに追加されておかれることをおすすめ致します。
_________________
祝デビュー40周年!
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
admin
管理人


登録日: 2007.06.01
記事: 53

記事日時: Sat May 03, 2008 7:52 am    記事の件名: 引用付きで返信

上記オフィシャルmyspaceの発表文中に登場する、DAN RELOY著『THE GREATEST MUSIC NEVER SOLD』というペーパーバックは一読の価値があります。 Cool

そこで、ご参考までに、以前、Chicago Naviのメールマガジンにてお送りした内容を再びアップしておきます。

-------------------------------------------------

『THE GREATEST MUSIC NEVER SOLD』 DAN LEROY著

2007年7月1日アメリカ発売 (日本には10月15日搬入。もちろん、英語)

有名アーティストのお蔵入りアルバムを特集したペーパーバックです。
シカゴの『STONE OF SISYPHUS』についても触れられています(同書63〜91頁)。




本書の刊行にあたって新にインタビューを受けているのは、
ブルース・ガイチ(インタビュー時期2005年11月)、
ドウェイン・ベイリー(同2006年6月)、
ピーター・ウルフ(同2005年12月)、
の3人です。

現行メンバーのコメントもありますが、そのほとんどは過去のコメントを引用してきたものです。ただし、中には初めて聞くコメントもあります。


以下、箇条書きですが、諸感想を。

・変なところに妙に感心したのですが、この『STONE OF SISYPHUS』のプロデューサーであるピーター・ウルフは、70年代にフランク・ザッパのバック・バンドを務めていた時期があったそうです。もっとも、彼はキーボーディストでした。

・ピーター・ウルフは、75年にはシカゴのメンバーにも会っています。中でも、テリー・キャスの大ファンだったそうで、テリーとも話すことができたと言っています。

・ピーター・ウルフは、『19』の製作を打診されていたようですが、当時はすでに売れっ子のプロデューサーになっていたため、シカゴの仕事をやる時間がなく、ここで一旦話は流れたそうです。そして、92年になってスケジュールに余裕が出てきた頃にあらためて話をもらい、それから『STONE OF SISYPHUS』の仕事にとりかかったそうです。

・ピーター・ウルフが目指したところは、本人の弁によれば、“シカゴ・ホーンズとオリジナル・メンバーによる楽曲作りの復活”だったようです。

・89年頃、ドウェイン・ベイリーは"TWENTY YEARS ON THE SUFFERBUS"というインストゥルメンタルを書き始めました。これが後年、アルバム『STONE OF SISYPHUS』のセッションのときに、ピーター・ウルフの気に入るところとなり、ドウェインは歌詞を考えるよう励まされます。そして、出来上がったのが、ギリシャ神話をモチーフにした、"STONE OF SISYPHUS"という曲だった、ということです。

・当時、アルバムのタイトルがなぜナンバリングされたものでなかったのか、その理由は分かりません。ただし、ロバート・ラムは早くから番号なしのアルバムになることに同意をしており、自らは≪RESOLVE≫というタイトルを提案していたようです。

・『STONE OF SISYPHUS』の各音源は、90年代の後半から外部に流出するようになりましたが、このときはドウェイン・ベイリーが流出させたわけではありません。ドウェインが公開したのはもっと後ですし、ミックスも異なっています。彼は嘘をつくような人ではありませんし、彼の言い分は様々な客観的事実とも符合していますので、信じることができます。

・アルバムの発売が見送られた理由について、はっきりした言及はありません。ただ、前作『TWENTY 1』のセールスが芳しくなかったので、レーベルとしても、次のアルバムには商業ベースに見合うものを求めていただろうという節は窺われます。
私個人の感想ですが、たしかに、93年頃のミュージック・シーンを振り返って見ると、レーベルも相当シビアな判断を迫られただろうな、とは思います。

・本書の著者であるダン・リロイ氏は、ダニー・セラフィンやドウェイン・ベイリーの解雇理由について、様々なインタビューを通じて、推測的な言及をしています。もっとも、いずれも従来からの推論の域を出ないとも言えるでしょう。ただ、ドウェインについては、かなり詳細な記述がされています。


その他、いろいろなことが書かれていますので、ぜひお手元に! Very Happy
_________________
祝デビュー40周年!
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Fri May 09, 2008 9:10 pm    記事の件名: 引用付きで返信

ようやくアメリカ国内でも発売情報がアップされ始めました。

まずは、amazon.comです。

やはり、今のところ、「6月17日」が発売予定日となっていますね。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
TL



登録日: 2008.01.23
記事: 123
所在地: 群馬県

記事日時: Sat May 10, 2008 3:39 pm    記事の件名: Amazon.co.jpでも 引用付きで返信

(毎日チェックしていたのでたぶん今日からだと思うのですが・・・)
アマゾンの日本サイト(Amazon.co.jp)からも、6月17日リリースのアメリカ本国盤が輸入盤としてオーダーできるようになりました Exclamation

ただし・・・アメリカ盤は「32」(XXXII)と表記されているのに対して、7月23日発売予定の日本盤「ストーン・オブ・シシファス」は「22」のままです Question
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
TL



登録日: 2008.01.23
記事: 123
所在地: 群馬県

記事日時: Tue May 13, 2008 8:59 pm    記事の件名: Amazon.comで値下げ 引用付きで返信

アマゾンのアメリカサイト(Amazon.com)では、確か昨日までは$18.98だったはずですが、$13.99に値下げされています。日本でも安くならないものでしょうか。「14年間も待っていただいた皆様へ感謝をこめてプライスダウン」なあんて・・・・
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Wed May 14, 2008 12:38 am    記事の件名: 引用付きで返信

ようやく、cduniverse.comでも、情報がアップされました。もちろん、『XXXII』(=32)となっています。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Wed May 14, 2008 12:42 am    記事の件名: 引用付きで返信

amazon.co.jpの米国盤のページにおいて、もう少し大きなイメージがアップされました。



[Photo: amazon.co.jp]
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Wed May 14, 2008 6:59 pm    記事の件名: 引用付きで返信

HMVさんのページにも、『STONE OF SISYPHUS』の米国盤(=輸入盤)の情報がアップされました。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Sun May 18, 2008 5:02 pm    記事の件名: 引用付きで返信

いよいよ発売まで1か月を切りましたね。

現時点で判明している情報を整理した暫定版でありますが、このアルバムの私的感想を少し更新しました。

音質面等の詳細はもちろんまだ分かりません。

来たる正式リリースの際には、みなさんのご感想もお聞きしたいと思っていますので、その節はよろしくお願い致します。 Smile
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Fri May 23, 2008 6:29 am    記事の件名: 引用付きで返信

ライノの「Upcoming Releases」欄に、『STONE OF SISYPHUS (XXXII)』が掲示されました。 Smile
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
TL



登録日: 2008.01.23
記事: 123
所在地: 群馬県

記事日時: Fri May 23, 2008 8:16 pm    記事の件名: プロモーションは? 引用付きで返信

RhinoのUpcoming Releasesページに『やっと』載ったのですね Smile
でもその次、New Releaseページにはいつ載るのでしょう Confused
そしてSOS発売に向けてのプロモーションは???
せめてXXXの時並み、いやそれ以上のプロモーションを期待したいところです。
発売まで1ヶ月を切り、期待とともに新たな心配も出てきてしまいました。
日本でも広告・宣伝はまだ一切ないですよね?
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Fri May 23, 2008 8:27 pm    記事の件名: Re: プロモーションは? 引用付きで返信

TL wrote:
RhinoのUpcoming Releasesページに『やっと』載ったのですね Smile
でもその次、New Releaseページにはいつ載るのでしょう Confused

いや、ライノは遅いです。1週間前にやっと・・・なんてのも少なくないですよ。 Wink
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2219

記事日時: Sun May 25, 2008 3:24 am    記事の件名: 引用付きで返信

ジェイソン・シェフも、ヴログで、『STONE OF SISYPHUS』の発売を祝っています! Smile


≪Sisyphus≫の発音に若干噛み加減のジェイソン。 Laughing
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    Chicago Navi Forum Index -> 『CHICAGO XXXII : STONE OF SISYPHUS』情報 All times are GMT + 9 Hours
ページ移動 1, 2, 3, 4  次へ
Page 1 of 4

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2002 phpBB Group
subGreen style by ktauber