Chicago Navi Forum Index Chicago Navi
シカゴを楽しむウェブサイトです!
 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

デイヴィッド・フォスター & フレンズ ジャパン ツアー 2010
ページ移動 前へ  1, 2, 3
 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    Chicago Navi Forum Index -> ピーター・セテラのソロ関連情報
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
A



登録日: 2008.02.09
記事: 295

記事日時: Tue Oct 19, 2010 6:56 pm    記事の件名: 引用付きで返信

あと少しで初日のステージが始まります。私は明日のみの参戦になりますが今から楽しみです。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
ただし
管理人


登録日: 2008.01.13
記事: 2210

記事日時: Wed Oct 20, 2010 9:03 pm    記事の件名: 引用付きで返信

20日、チケット未購入のまま国際フォーラムに赴きましたが、結局、当日券を買うことはできませんでした。

ぜひ、みなさんの感想をお聞きしたいですね!! Very Happy
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
JIVE



登録日: 2008.01.25
記事: 91

記事日時: Thu Oct 21, 2010 12:17 am    記事の件名: 引用付きで返信

ただし wrote:
20日、チケット未購入のまま国際フォーラムに赴きましたが、結局、当日券を買うことはできませんでした。

ぜひ、みなさんの感想をお聞きしたいですね!! Very Happy


私は丁度18時頃に現地に着いたのですが、その時点で当日券購入待ちの列が会場の外まで大きく伸びていましたね。チケットを持っていても、実際に入場できたのは18時15分頃でした。

さて、ピーターについてですが、歌ったのは以下の曲です。

・Hard To Say I'm Sorry
・You're The Inspiration
・If You Leave Me Now
・Glory Of Love

やはりサプライズは「If You Leave Me Now」でしょうか。デイヴィッドは「自分が関わった曲ではないけれど、ピーターの作品の中でも特に好きな一曲」と紹介していました。この曲については、ピーター自身もアコースティックギターを演奏しながら歌っていました。

ただ、今日はちょっと声が出ていませんでした。高音部分で声がふらついたり、ひっくり返ったりする場面が何度か見られました。次に登場したシャリースの歌唱が圧倒的だっただけに余計に目立ったという面もありますが…。

その他、ルーベン・スタッダードが「After The Love Is Gone」を歌う前に、「エアプレイ時代に友人のジェイ(・グレイドン)やビル(・チャンプリン)と一緒に作った曲」というデイヴィッドのコメントもありました。

最後は出演者がステージ上に全員戻ってきて、マイケル・ジャクソンの「Earth Song」を歌って終了。アンコールは無くデイヴィッドが再度挨拶に戻っただけに終わりました。もっとも、これ自体も予定されていなかったらしく、その前に「本日のプログラムは全て終了しました」という場内アナウンスが流れました。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
A



登録日: 2008.02.09
記事: 295

記事日時: Thu Oct 21, 2010 11:46 pm    記事の件名: 引用付きで返信

昨日、行ってきました。ショー全体は世界のトップミュージシャンの歌声に堪能されてしまいました。ほんとスゴかったです。

その中でピーター・セテラの歌声も素晴らしいものがありました。確かに年齢的なものがありますが、その年齢で普通あそこまで声出ないでしょ。我々があの年になったらどうもがいてもまったく声出ないです。今でもボイストレーニングを続けているピーターの努力をまじまじと感じました。


今朝の早い飛行機でツアーメンバー達は日本を離れマニラへ向かいましたが、まだまだ続く今回のアジアツアーを成功してもらいたいと思います。


最終編集者 A [ Fri Oct 22, 2010 7:53 pm ], 編集回数 1 回
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
たまっちょ



登録日: 2008.04.17
記事: 56

記事日時: Fri Oct 22, 2010 12:55 am    記事の件名: 引用付きで返信

ただし wrote:
20日、チケット未購入のまま国際フォーラムに赴きましたが、結局、当日券を買うことはできませんでした。

ぜひ、みなさんの感想をお聞きしたいですね!! Very Happy


ただしさん

残念でしたね、20日の方が売れ行きが良かったようですね。
私は19日に見てきました。

私も16年前に見たクチですが、こういうコンサートは楽しいですね。
今回は、RubenやChariceが自分のヒット曲をやらなかったのは残念でしたが
特に後者ははじける若さと圧巻の歌唱を堪能させてくれました。
声を大事にしていってほしいものです。

さて、先にJIVEさんが書かれているように、Ceteraのパートはたったの4曲。
これはちょっと不満ですね。ソロコンサートと違って、あんな曲も、こんな曲もと
やってくれなかったのは残念です。
でも、DAVIDとのMCで「東京でのパフォーマンスはいつ以来?」「6ヶ月(笑)」
「次は?」「Maybe」のような会話があったので、またソロで見られることを期待します。
いずれにしても、、66歳という年齢を考えると歌唱は素晴らしいです。
(それはNatalieColeもですが)

あと、個人的には、開演直前にフラッシュバックでDavidの作品群が一瞬ずつたくさん流れた中で
WillYouStillLoveMe?が思いがけず流れたことに最高に感激しました。
不意打ちでこの曲が流れると一瞬何が起こったのかわからないほどの
感動を覚えました。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
Sweet Marie



登録日: 2008.04.20
記事: 9
所在地: Singapore, Singapore

記事日時: Sun Oct 24, 2010 12:20 am    記事の件名: 東京公演 引用付きで返信

今年も Peter が見られてよかったですね Very Happy
David Foster & Friends としては10/15のラスベガスから、すぐにAsian Tour となっているので、参加メンバーはコンデション維持に気を使っておられたようです。Peter は歌い始めで出ない声をすぐに取り戻すテクニックがあり、安心して見られました。若いChariceでさえ、(朝からTVに出ていたためか)声の使い方に苦労している様子があったので、やはりPeterはプロですね。
ということでPeterの4曲は安定感抜群でした。昨年、NYとNJでもこのショーを観ていますが、そのときでも全体28曲の中5曲がPeterがやったことを考えると、今回はChariceともどもウェートはUSでのショーより印象でも重かった感があります。
これは日本での人気も影響していることでしょう。
なお、今回はコーラス隊なし、オーケストラなしとかなりコストセーブしていますが、日本のオーディエンスはじっと聴きこむので、アーティストの評価は今回もよかったようです Laughing
次はChicago & Foreigner あたりが来日があればと思いますが。。。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
A



登録日: 2008.02.09
記事: 295

記事日時: Thu Dec 16, 2010 10:10 pm    記事の件名: 引用付きで返信

誰も書いていないので。

キーボードマガジン 2011WINTER No.371 P80.81にデイヴィッド・フォスター&フレンズ ジャパンツアーのレビューがカラーで載ってます。ピーターの写真も載ってます。


レコードコレクターズ2011/01号P114〜117のデイヴィッド・フォスターのインタビューに少しだけピーター・セテラの記述あります。
P159にはピーター・セテラのインタビューが近々掲載予定の記述もあります。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    Chicago Navi Forum Index -> ピーター・セテラのソロ関連情報 All times are GMT + 9 Hours
ページ移動 前へ  1, 2, 3
Page 3 of 3

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2002 phpBB Group
subGreen style by ktauber